情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

中部テレコミュニケーション、顧客情報25件含む書類紛失

中部電力グループのプロバイダー、中部テレコミュニケーション(本社:名古屋市中区)は5月15日、愛知県半田市内の同社工事会社敷地内において、「コミュファ光」の顧客情報が記載された工事関連書類を紛失したと発表した。同社によると、5月4日午前7時10分頃、工事車両内に置いていた当該書類がなくなっていることが分かった。書類には、顧客の氏名、住所、電話番号、お客さまID、メールアドレスが25件記載されている。盗難の可能性が高く、半田警察署に被害届を提出済み。該当の顧客には、個別に経緯の説明と謝罪を行った。情報の不正使用等の事実は確認されていない。同社は再発防止のため、個人情報が記載された書類を社外に持ち出す場合は常時携行するよう注意喚起を行うなど、顧客情報の厳重管理に関し指導を徹底するとしている。
・お客さま情報の紛失に関するお詫び(中部テレコミュニケーション)
http://www.ctc.co.jp/info/20140515.html

一覧へ