情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

三重県大台町立中学、生徒らの個人情報652人分含むUSBメモリー10本が盗難

三重県大台町教育委員会は5月12日、県内の中学校の生徒と卒業生の個人情報652人分を含むUSBメモリーが盗まれたと発表した。同日付の報道によると、9日午後5時半~8時半頃、大台町協和中学の教諭の車が駐車場で車上荒らしにあい、USBメモリー10本が入った鞄が盗まれた。
同教諭は、1998年度に明和町明和中学、2006年度に多気町勢和中学、2007~2010年度に大台町宮川中学、2011~2013年度に協和中学に勤務しており、この4校の生徒情報、卒業生情報を個人のUSBメモリーにコピーしていた。進路指導担当で家でも仕事をしており、卒業生の記録は進路指導の参考に使っていたという。生徒の個人情報を持ち出すには校長の許可が必要だが、同教諭は許可を得ていなかった。個人情報が悪用された被害は確認されていない。
・三重県大台町教委
http://www.odaitown.jp/soshiki/honcho/kyoikuiinkai/

一覧へ