情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東京医科歯科大学附属病院、医師が患者情報を含むUSBメモリー紛失

東京医科歯科大学()は5月9日、医学部附属病院の医師が患者225名の個人情報を含むUSBメモリーを紛失したと発表した。発表によると、4月26日午前9時頃、同医師がJR武蔵野線の車内にカバンを置き忘れ、その中に当該USBメモリーが2つ入っていた。直ちにJRおよび警察に遺失物届を出し、カバンは発見されたが、USBメモリーは見つかっていない。当該USBメモリーには、パスワードで保護されている患者215名分の手術症例リスト(ID、氏名、年齢、性別等)、パスワードで保護されていない患者16名分の画像データ等(ID、カナ・漢字の氏名、生年月日、所見等)が記録されている。手術症例リストと画像データで重複する患者が6名いるため、実人数は225名となる。いずれのデータにも患者の住所、電話番号は入っていない。現時点において、紛失した個人情報の転載や流用の事実は報告されていない。該当患者に5月7日付けの文書で謝罪した。同院は、学生、職員等に対して個人情報保護の重要性、USBメモリー等のパスワード設定の徹底を図り、再発防止に努めていくとしている。
・個人情報が含まれたUSBメモリの紛失について(東京医科歯科大学附属病院)
http://www.tmd.ac.jp/news/20140509_1/index.html

一覧へ