情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

千葉県、看護師免許申請者の戸籍抄本1通を紛失

千葉県は5月7日、看護師免許申請のため県に提出された戸籍抄本1通を紛失したと発表した。県によると、当該看護師免許申請者は習志野保健所で申請を行ったが、戸籍抄本が最新のものでなかったため、同保健所に抄本を再提出。保健所では抄本をその他の書類と合わせてレターパックに入れ、4月17日に県医療整備課へ送付した。同課では21日にレターパックを受領したが、抄本の収受は確認できていないという。申請者には28日、経緯を説明して謝罪。30日に抄本を再提出してもらい、その後の手続きを行った。県は再発防止のため、複数の種類の書類を送付する際には送付書類名、送受信者名を記したリストを同封すること、少ない枚数の書類は、他の書類と紛れることのないよう、クリアホルダーや封筒に入れ、メモ書きを添付して送付すること、差替えや追加の資料を送付する場合には、電話やメール等で事前連絡することを徹底するとしている。
・看護師免許の申請に係る戸籍謄本の紛失について(千葉県)
http://www.pref.chiba.lg.jp/iryou/press/2014/syoruihunsyutu.html

一覧へ