情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

チケットガード少額短期保険、システム不具合で顧客情報が閲覧可能に

少額短期保険業者のチケットガード少額短期保険(東京都品川区)は5月7日、「Peachチケットガード」契約者の「マイページ」から、契約者453名分の契約内容が閲覧できる状態になっていたと発表した。同社によると、マイページで特定の操作を行うと契約内容が個人情報を含まない状態で一覧表示され、さらに特定操作を行うと、契約者の氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、被保険者カナ氏名、保険金請求時のパスワードを含む「保健契約確認証」が表示される状態になっていた。プログラムの修正により、5月2日午後7時以降、情報は閲覧できなくなっている。調査の結果、一覧表示には2件のアクセスがあり、個人情報を含む「保健契約確認証」へのアクセスは4件だった。当該情報に意図せずアクセスした顧客に連絡を取り、第三者への提供等が行われていないことを確認済みだという。個人情報を閲覧された4名には個別に連絡して謝罪と説明を行う。同社は、データ管理体制を強化し、再発防止に万全を期すとしている。
・個人情報漏えいについてのお詫び[PDF](チケットガード少額短期保険)
https://www.ticketguard.jp/web/resource/news05.pdf
・個人情報漏えいについてのお詫び(第2報)[PDF](チケットガード少額短期保険)
https://www.ticketguard.jp/web/resource/news06.pdf

一覧へ