情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

セガトイズのダウンロードサービスサイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性

玩具メーカーのセガトイズ(東京都渋谷区)は5月6日、同社が運営するサービス「グランドピアニスト専用音源データダウンロード」のサーバーが不正アクセスを受け、顧客の登録情報799件が削除され、また、流出した可能性があると発表した。同サイトの運営は委託を受けたミツエーリンクス(本社:東京都新宿区)が行っている。両社の発表によると、3月31日、サービスにログインできないと会員からセ社に問い合わせがあり、調査を行ったところ、ミ社が管理業務に使用する管理ツールの問題により不正アクセスが行われていたことが判明した。会員のメールアドレス、IDとパスワード、性別、年齢層、居住している都道府県名、ポイント残高が流出したり、削除されたおそれがある。情報が何らかの形で使用された事実は確認されていない。当該管理ツールは削除済み。セ社は、同サービスに会員登録している顧客は問い合わせ窓口に連絡してほしいとしている。また、同じアドレス、ID、パスワードを使いまわしている場合はパスワードを変更するよう呼びかけている。両社は、全力を挙げ再発防止に取り組むとしている。
・【グランドピアニスト専用音源データダウンロード】会員登録情報への不正アクセスに関するご報告とお詫び(セガトイズ)
http://www.segatoys.co.jp/support/140506.html
・弊社クライアントのサーバーへの不正アクセスに関するご報告とお詫び(ミツエーリンクス)
http://www.mitsue.co.jp/news/20140506.html

一覧へ