情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

川崎市信用保証協会、個人情報含む書類紛失

川崎市信用保証協会(本所:川崎市川崎区)は5月1日、顧客の個人情報が記載されている金銭消費貸借契約証書と条件変更契約証書を紛失したと発表した。同協会によると、当該書類は代位弁済を行うにあたり融資取扱金融機関から受領したもので、住所、氏名などの個人情報が含まれている。同協会内を捜索し、当該金融機関にも確認してもらったが発見には至っていない。書類が外部に漏えいした事実は確認されていない。同協会は、再発防止策を講じるとともに、個人情報保護に積極的に取り組んでいくとしている。
・書類紛失について(お詫び)[PDF](川崎市信用保証協会)
http://www.cgc-kawasaki.or.jp/news/pdf/260501.pdf

一覧へ