情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

岐阜大学教育学部附属中学校、生徒の個人情報含むUSBメモリー紛失

岐阜大学教育学部附属中学校(岐阜県岐阜市)は5月2日、生徒の個人情報が含まれたUSBメモリーを校内で紛失したと発表した。同校によると、4月23日、職員が、副校長室内の金庫に保管されているUSBメモリーが1個ないことに気付いた。メモリーには、指導要録のデータが1クラス分39件、通知表所見が39件、および全学年分の1教科分の評価データ474件が入っていた。メモリーは暗号化されており、本体およびデータファイル個々にパスワードが設定されているため、第三者が容易に使用することはできないという。同校は、今後、教職員に対し個人情報保護に関する注意喚起を行うとともに、個人情報の保護対策を強化するとしている。
・附属中学校の生徒情報が含まれたUSBメモリーの紛失について[PDF](岐阜大学教育学部附属中学校)
http://ns2.fuzoku.gifu-u.ac.jp/fuzoku/4/m0407g02q_1399019406.pdf

一覧へ