情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

NEXCO中日本、委託先のメール誤送信でキャンペーン当選者のメルアド127件流出

中日本高速道路(NEXCO中日本、本社:名古屋市中区)は4月18日、委託先企業がキャンペーン当選者127名に対しTOでメールを送り、メールアドレスが流出したと発表した。同社によると、同社サイトの運営管理を委託しているタッチポイントが、4月17日、スマートフォンアプリ「GO!GO!SAPA 東名高速道路・新東名高速道路で使えるオトクなスタンプラリーアプリ」プレゼントキャンペーンの当選者に対し、BCCでメールを送るべきところ、TOで送った。該当の顧客には、謝罪と当該メールの削除を依頼するメールを送っている。NEXCO中日本は、委託会社に対し個人情報の取り扱いに関する指導を徹底し、再発防止に取り組んでいくとしている。
・お客さまのメールアドレス流出のお詫び(中日本高速道路)
http://www.c-nexco.co.jp/corporate/pressroom/news_release/3476.html

一覧へ