情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

大阪ガス、顧客情報含む書類100件をグループ会社が紛失

大阪ガス(本社:大阪市中央区)は4月17日、個人情報が記載された100件分の書類を紛失したと発表した。同社によると、紛失したのは「ダブル発電普及促進エコキャンペーン」に契約している顧客が獲得したポイントを交換するための申請書で、4月15日に紛失が判明した。申請書には、氏名、住所、電話番号、ポイントを現金に交換した際の振込先である金融機関の口座名義、口座番号等が記載されている。同キャンペーン関連の業務は同社グループ企業の関西ビジネスインフォメーションへ委託しており、当該書類は委託先の事務所内で管理されていたという。紛失の原因は調査中。情報が外部に流出し不正に利用された事実は確認されていない。大阪ガスでは、紛失した100件に該当する可能性のある顧客1万件に対し確認の電話をしており、該当することが判明した場合は、個別に訪問して謝罪する。同社は、再発防止に努めるとしている。
・個人情報が記載された書類の紛失について(大阪ガス)
http://www.osakagas.co.jp/company/press/pr_2014/1210291_10899.html

一覧へ