情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

北海道、メール送信時のミスで意見提出者196名のメルアド流出

北海道環境生活部環境局 生物多様性保全課は4月12日、意見提出者196名のメールアドレスが流出したと発表した。同課によると、1月8日から2月7日にかけて実施した「『外来種対策基本方針(素案)』に対する意見募集」について、ホームページに結果を公表した旨、意見提出者へメールで連絡した際に、全員のメールアドレスが分かる状態でメールを送信した。同課は、再発防止のため、特に発信時においては複数名で確認を行うなど、メールの取り扱いに細心の注意を払うとしている。
・【お詫び】ご意見提出者のメールアドレスの情報流出について[PDF](北海道)
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/file.jsp?id=712339

一覧へ