情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

PlayMemories Online、一部会員が互いの写真や動画にアクセス可能な状態に

ソニー(本社:東京都港区)は3月29日、写真や動画をクラウド上に保存できるサービス「PlayMemories Online」において、一部会員の間で互いの写真や動画にアクセスできる状態があったと発表した。同社によると、アクセス可能だった期間は、3月8日午前3時42分からサービスを停止した3月12日午後4時15分までの間。影響を受けたのは、3月8日午前3時42分~午前6時1分、3月9日午後3時53分~午後9時16分の間に新しくユーザー登録をした人のうち、81名。システム障害に伴うサービスソフトウェアの誤作動が原因。該当するユーザーには個別に連絡を取っている。
・PlayMemories Onlineサービス一時停止のお知らせ(ソニー)
http://blog.playmemoriesonline.com/ja_jp/2014/03/0312maint.html

一覧へ