情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

大阪大学医学部付属病院、患者870名分の個人情報含むパソコンを院生が紛失

大阪大学(本部:吹田市)は3月20日、医学系研究科博士課程2年の男性が、同大学附属病院を受診した患者870名の個人情報が保存されたノートパソコンを紛失したと発表した。同日のNHKニュースによると、大学院生は3月14日夜、友人らと複数の店で飲食。翌日午前1時30分頃、3件目の店で、パソコンを入れていた鞄がないことに気付いた。パソコンは私物で、1985年1月から2012年12月に同病院を受診した胃がん患者と食道がん患者870名の氏名、生年月日、病状、手術後の検査結果が保存されていた。データの一部にはパスワードがかけられていない。同大学は、患者に謝罪するとしている。
・大阪大医学部付属病院
http://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/

一覧へ