情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東大病院など22病院の患者255名分のデータが製薬会社に流出

東京大学医学部附属病院(東京都文京区)は、3月14日に発表した「SIGN研究特別調査 予備調査委員会中間報告書」において、慢性期慢性骨髄性白血病患者255名のデータが製薬会社ノバルティスファーマ(東京都港区)に流出していたことを明らかにした。SIGN研究は、東大病院血液・腫瘍内科に事務局を置く多施設共同の医師主導臨床研究。チロシンキナーゼ阻害剤を服用する慢性期慢性骨髄性白血病患者の副作用についてアンケート形式で調査し、薬を変えて副作用が改善するかどうかを調べた。報告書によると、他施設からのアンケートをノ社社員が運搬し始めたことを契機に、東大症例のアンケートや、FAXで送られたアンケートも含めて255例全てのデータがノ社に渡った。データには施設名、主治医名、被験者のイニシャル、生年月(日)、性別のほか、患者IDも203名分含まれていた。ノ社でデータがどのように扱われていたかは、ノ社が調査中。該当の患者には状況の説明と謝罪を早急に行うという。
・慢性期慢性骨髄性白血病治療薬の臨床研究「SIGN研究」についての調査中間報告[PDF](東京大学医学部附属病院)
http://www.h.u-tokyo.ac.jp/vcms_lf/20140314-1.pdf

一覧へ