情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

立川市女性総合センター、保育室の「利用申込書」「利用希望者名簿」紛失

東京都立川市は3月1日、同市女性総合センターで、200人分の個人情報を記載した名簿の誤廃棄があったと発表した。発表によると、同センターの職員が2月24日、「保育室利用申込書」および「保育室利用希望者名簿」の紛失に気付いた。当該書類は、同センターを利用する団体が保育を希望する場合に提出するもの。紛失したのは2013年4月1日から紛失日までに提出された書類で、200人分の個人情報が記載されていた。「保育室利用申込書」には、団体名と責任者の個人情報(住所、氏名、メールアドレス、電話番号)が、「保育室利用希望者名簿」には幼児の個人情報(氏名、年齢、性別、保護者名、市・町までの住所、電話番号、食品アレルギーの有無)が記載されていた。捜索と関係者への聞き取り調査の結果、2月20日に不燃ごみとして廃棄され、清掃事業者が収集していたことが25日にわかった。ごみ処理の工程は、清掃事業者のリサイクル施設内で圧縮処理されており、他に流出するおそれはないことを26日に確認した。同センターは今後、該当者を特定する作業を行い、経緯説明と謝罪をする。また個人情報の取り扱いについて、職員の意識の徹底を図り、再発防止に努める。
・女性総合センターにおける保育利用者名簿の紛失について(立川市)
http://www.city.tachikawa.lg.jp/cms-sypher/www/info/detail.jsp?id=11513

一覧へ