情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

福島県消防保安課、資格免状交付申請書1通を紛失

福島県は3月3日、消防保安課に届いた「第二種電気工事士試験」の免状交付申請書類1名分を紛失したと発表した。報道によると、申請書類には氏名、年齢、住所、電話番号、顔写真などが含まれている。同試験の合格者が簡易書留で申請書類を郵送したが、免状が届かなったため2月26日に県に問い合わせ、事態が判明した。消防保安課では2013年10月22日に当該書類を受け取っており、誤って廃棄したとみられている。申請者には謝罪し、再申請してもらって免状を交付した。同課は再発防止のため、受け取りの記録簿を作成するなどの対策をとるという。
・福島県
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/

一覧へ