情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東京都しごとセンター、委託業者が利用者リスト12名分をメール誤送信

公益財団法人東京しごと財団(東京都千代田区)は2月26日、運営する東京都しごとセンターにおいて、利用者の個人情報を誤って別の利用者にメール送信する事故があったと発表した。発表によると、2月24日午後3時台に、同センターのミドルコーナーの担当者が営業職の求人情報を120名の利用者宛てに、事務職の求人情報を180名の利用者宛てに、それぞれ一斉メール送信した。その後、利用者送付リストを作成していた別の担当者が、共有フォルダに保存されていた事務職の求人情報のexcelファイルに、利用者送付リストを誤って上書き保存してしまった。当該リストには、12名の利用者の個人情報(氏名、メールアドレス、利用者登録番号)が記載されていた。担当者は同日午後4時台に、このexcelファイル(事務職の求人情報が利用者送付リストに置き換わったもの)を5名に宛てて送信した。5名の内訳は、就職支援アドバイザーから追加で送信依頼された3名、およびアドレス相違により送信不能だった2名である。同日午後6時、あらためて送信内容を確認した際に、誤ったファイルを送信してしまったことに気づいた。担当者は直ちにメールを送信した5名の利用者に電話をかけ、事態の説明と謝罪をし、データ削除を依頼した。翌25日、担当者を派遣していたパソナは同財団へ報告し、リストに掲載されていた12名の利用者に電話で事態説明と謝罪をした。同財団は東京都産業労働局雇用就業部就業推進課へ報告するとともに、全職員・委託業者を緊急招集し、個人情報の管理の徹底を指示した。
・東京都しごとセンターにおける個人情報の流出について(東京都)

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/02/20o2q800.htm

一覧へ