情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

筑波大学、学生や教員など450名分の情報がネット上で閲覧可能に

筑波大学(茨城県つくば市)は2月19日、事務室内で使用していたネットワーク接続ストレージ(NAS)のセキュリティ設定が適切でなかったため、学生や教員など約450名分の情報が流出し、検索サイトから閲覧可能となっていたと発表した。同大学によると、1月16日、事務担当者が検索サイトで内部情報の流出を発見。すぐに疑いのあるディスクのケーブルを外し、検索サイトにキャッシュデータの削除を要請した。また、同23日には学生から検索サイトで自分の情報が見えているとの指摘があり、当該NASからの流出であることが判明した。同26日、キャッシュデータが削除されたことを確認済み。関係する学生と教職員には説明と謝罪を行った。同大学は再発防止のため、個人情報の管理を徹底するとともに、大学の情報セキュリティおよび、教職員に対する教育と指導を強化するとしている。
・内部情報データの流出について[PDF](筑波大学)
http://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/p20140219nas.pdf

一覧へ