情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

国立がん研究センター東病院、パソコンのウイルス感染でデータ流出の恐れ

国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)は2月6日、同病院のパソコン2台がウイルスに感染し、不審なアクセスが100件以上あったことを明らかにした。同病院によると、1月21日、同病院の医師が使用していたパソコン2台が、動画再生ソフト「GOMプレイヤー」のアップデート機能を悪用する攻撃によりウイルスに感染した可能性があることが判明した。不審なアクセスを受けていたのは1月3日から12日までの期間。パソコンは学会発表資料等の作成のために使用していたもので、患者のID、カタカナ氏名等が含まれるデータもあった。データの流出の有無、種類および内容については調査中だが、不審な問い合わせなどはなく、個人情報漏えいの可能性は低いという。診療業務への影響はない。当該パソコンはネットワークから遮断し、GOMプレイヤーはアンインストールして、ウイルス駆除も行った。同病院は、内閣官房情報セキュリティーセンター、厚生労働省はじめ関係機関と連携し、引き続き調査、情報収集を進めるとしている。
・国立がん研究センター東病院における動画再生ソフトアップデートプログラムによるコンピュータウイルス感染について(国立がん研究センター東病院)
http://www.ncc.go.jp/jp/information/20140206.html

一覧へ