情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

精華町立小学校、教頭が個人情報含むUSBメモリーを紛失

京都府精華町は2月5日、町立小学校の教頭(50歳代)が、個人情報が含まれるUSBメモリーを紛失したと発表した。町によると、教頭は名簿などをUSBメモリーに保存して持ち出し、2月3日に紛失した。当該小学校の保護者には5日、説明会を開催して説明と謝罪を行った。町教委では当該校に対し、個人情報に関する管理の徹底と点検について指導する。各校に対しても、個人情報の含まれるUSBメモリーの取り扱いについて周知徹底を図り、個人情報の管理の徹底と意識の向上について指導して、再発防止に努めていくという。
・精華町立小学校における個人情報を含むUSBメモリーの紛失について(精華町)
http://www.town.seika.kyoto.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=8853

一覧へ