情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東京ガス、工事委託先で顧客情報88件含む書類盗難

東京ガス(本社:東京都港区)は1月21日、工事業務を委託しているキャプティ(本社:東京都品川区)において、顧客の個人情報を含む書類が盗まれたと発表した。発表によると、キャプティでは1月16日午後10時30分頃から大田区北嶺町で工事を行ったが、工事車両を仮置きする作業帯内に置いていた手提げバッグを盗まれた。盗難に気付いたのは17日午前4時頃。工事は作業帯から15m離れたところで行っていたという。バッグには当該工事で影響を受ける顧客の氏名と住所88件が記載された一覧表および、同じ顧客の建物ごとの住所と氏名が記載されたガス管配置図36枚が入っていた。田園調布警察署に届け出済み。盗まれた情報が外部に流出し利用された事実は確認されていない。該当の顧客のうち、転居していない顧客73件には事情の説明と謝罪を行った。東京ガスは、関係会社とも連携して再発防止に努めていくとしている。
・お客さま情報が記載された「書類」の盗難 について[PDF](東京ガス)
http://www.tokyo-gas.co.jp/important/20140121-01.pdf

一覧へ