情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

桑名市、ホームページで公開した書類に19世帯分の情報

三重県桑名市は1月9日、市のホームページから19世帯分の個人情報が流出したと発表した。10日付の中日新聞によると、市では9日、子ども総合相談センターのデータをデータベース化する「児童相談システム」の導入にあたり、委託事業者を募集する「お知らせ」をホームページに掲載。このページで公開していた11の書類のうち2つに、子どもの氏名、生年月日、学校名、保護者名19世帯分が含まれていた。職員が、情報が含まれていることに気付かず掲載してしまったという。掲載されていた期間は9日午後4時12分から50分までの間。同期間にアクセスが7件あった。市では該当の世帯を訪問して謝罪する。
・桑名市
http://www.city.kuwana.lg.jp/

一覧へ