情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

JAみい、顧客情報39名分含む領収書綴りを紛失

みい農業協同組合(本所:福岡県小郡市)は2013年12月25日、顧客39名の情報が記載された領収書綴りを紛失したと発表した。同JAによると、11月20日午後2時30分頃、同組合の職員が弓削備蓄タンク(福岡県久留米市)においてミニローリー車へ灯油を充填する際に、領収書1冊を入れたバッグを助手席側のルーフに置いて作業を実施。その後、そのまま配達に出発して落とした。タンク周辺と配達ルートを探したが見つからなかったため、同日午後4時に福岡県警小郡警察署に遺失物届けを提出した。同綴りには灯油を注文した顧客39名の氏名、住所、電話番号が記載されている。該当の顧客には事情説明と謝罪を行った。紛失した個人情報に基づく被害や、問題となる事態は確認されていない。同JAでは今後、領収書綴りには、必要のない個人情報を記載および添付しないように改善するという。また再発防止に向け、顧客情報の管理を徹底し、職員に個人情報保護に関する教育を徹底するとしている。
・お客様情報の紛失に関するご報告とお詫び[PDF](みい農業協同組合)
http://ja-mii.com/main-image/pdf/apology251225.pdf

一覧へ