情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

国立がん研究センター、検診受診者9126名分の個人情報含むUSBメモリー紛失

国立がん研究センター(東京都中央区)は12月24日、がん予防、検診研究センター検診部で受診した人の個人情報を含むUSBメモリーを紛失したと発表した。発表によると、紛失が判明したのは12月19日で、がん予防、検診研究センター(以下、同センター)や同敷地内にある中央病院などを捜索しているが、発見に至っていない。USBメモリー内の記録は、同センターで検診を担当する診療放射線技師が、検診情報を整理するために検診用電子カルテを見ながら必要情報を手入力により転記したもの。同技師は作業場である同センター放射線管理区域内のPET操作室作業台を主な保管場所としており、暗号化やパスワード設定はしていなかった。USBメモリーには、2004年2月から2009年1月までに同センターで検診を受けた9126名分の個人情報が記録されている。情報内容は、受診ID、氏名(カタカナ)、性別、年齢(検診受診時)、検診判定結果、がんの有無、がんと診断された場合の病理診断、がんの大きさ、病期、紹介先医療機関名。漢字氏名、生年月日、住所、電話番号は含まれていない。調査状況から、敷地内での紛失である可能性が高く、現時点で第三者による不正使用の情報はない。該当受診者には、12月21日付けで経緯説明とお詫びの文書を郵送し、問合わせ窓口を設置した。規程では、USBメモリー等への個人情報の保存を制限し、個人情報を含むデータファイルの届け出を義務づけているが、当該技師は守っていなかった。国立がん研究センター今後、全部門、全部署、全職員に対し、個人情報管理について厳重に点検を行う。また、事実関係と原因の解明を行う調査委員会を立ち上げ、監査(内部および第三者による外部監査)、情報管理認証の取得など、再発防止策を講じていくとしている。
・検診受診者の個人情報を含むUSBメモリー紛失について(国立がん研究センター)
http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20131224.html

一覧へ