情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

ドスパラ通販サイトに不正アクセス、顧客情報2926件を閲覧された可能性

パソコンショップを運営するドスパラ(東京都千代田区)は12月21日、同社の通販サイト「ドスパラ通販WEBサイト」が不正アクセスを受け、顧客情報の一部が不正に閲覧された可能性があると発表した。同社によると、11月27日に不正アクセスの痕跡を確認したため、不正アクセス対策室を設置するとともに、外部の情報セキュリティ専門会社に調査を依頼。12月20日、専門会社からの最終報告により、情報漏えいの可能性がある範囲を特定したという。漏えいの可能性があるのは11月2日以前に登録された顧客情報2926件で、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、ログインパスワードが含まれている。会員ポイントの不正利用および、不正注文の履歴はなかった。該当の顧客にはメール、電話、郵便等で連絡を行っている。この件の原因となったセキュリティの問題箇所についてはすでに対策を講じたという。同社は、所轄官庁への報告、相談を継続的に実施するとともに、顧客情報の管理体制を強化、徹底し、再発防止に努めるとしている。
・不正アクセスによるお客様情報漏洩の可能性に関するお詫びとご報告(ドスパラ)
http://www.dospara.co.jp/5press/2013/1221

一覧へ