情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

水戸ホーリーホック、サポーターズクラブ申込書172名分を紛失

プロサッカークラブの水戸ホーリーホック(茨城県水戸市)は12月9日、「2014シーズンパスポート・サポーターズクラブ」に申し込んだ顧客の一部、172名分の申込書類を紛失したと発表した。発表によると、紛失が発覚したのは12月4日。直ちに事務所内周辺を捜索し、警察への届出と関係機関への問い合わせを行ったが、見つかっていない。書類は12月2日の時点では存在が確認されており、誤廃棄した可能性が高いという。書類には顧客の氏名、住所、性別、生年月日、電話番号、メールアドレスが含まれている。紛失した172枚のうち、133枚は11月17日から12月2日までに試合会場やクラブ事務所で申し込みをした顧客の分で、残りの39枚は11月17日から11月29日までに郵便払込で申し込んだ顧客の分。郵便払込分は復元が可能で、同クラブから顧客に謝罪の連絡を行うが、試合会場やクラブ事務所で申し込んだ顧客については、登録前の紛失のため、会員登録ができないという。同クラブでは該当の顧客はクラブに連絡してほしいとしている。同クラブは、個人情報保護にかかわる管理指導体制を見直し、個人情報の管理徹底に努めるとしている。
・お客様情報の紛失に関するお詫びとお知らせ(水戸ホーリーホック)
http://www.mito-hollyhock.net/?p=6402

一覧へ