情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

JA福岡市東部、渉外担当者が個人情報31件含む業務用携帯電話を紛失

福岡市東部農業協同組合(福岡市東区)は12月2日、渉外担当者が個人情報を含む業務用携帯電話を紛失したと発表した。発表によると、担当者は11月5日、渉外活動中に携帯電話を紛失。直ちに携帯電話の利用停止措置をとるとともに、警察へ紛失届を提出したが、まだ発見されていない。紛失した携帯電話には、取引先の顧客の氏名と電話番号が31件、登録されていた。携帯電話はパスワードによるロックをかけており、紛失判明後直ちに携帯電話会社に連絡して当該携帯電話の機能ロックと使用停止措置をとったので、流出の恐れはきわめて低いという。現時点で、該当する個人情報が外部に流出した事実は確認されていない。同組合は今後、組合外に携帯電話を持ち出す場合は、ネックストラプにより落下防止策をとる。また、携帯電話に限らず、個人情報保護管理の徹底を図っていくとしている。
・組合貸与携帯電話紛失による個人情報流出の恐れについて[PDF](JA福岡市東部)
http://www.ja-fukutou.or.jp/img/PDF/gaibukouhyo20131202.pdf

一覧へ