情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

四天王寺大学、学生や研究参加者672名分の個人情報含むUSBメモリー紛失

四天王寺大学(本部:大阪府羽曳野市)は11月26日、同大学の専任教員が、学生や卒業生、研究参加者の情報が含まれたUSBメモリーを紛失したと発表した。同大学によると紛失したのは10月24日。メモリーには、学生および卒業生399名の氏名、学籍番号、成績等のデータや、研究参加者273名分の調査データが入っていた。両データともに住所、電話番号、メールアドレスは含んでいない。警察へ届出を行い、関係交通機関にも問い合わせたがメモリーは見つかっていない。この紛失による情報の漏えいや第三者による情報の使用は確認されていない。同大学は、再発防止のため個人情報保護にかかわる管理、指導体制を見直し、個人情報データの管理徹底に努めていくとしている。
・個人情報データの紛失について(お詫び)(四天王寺大学)
http://www.shitennoji.ac.jp/ibu/important_news/post_395.html

一覧へ