情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東京外国語大学、学生が学務情報システムに不正アクセス

東京外国語大学(本部:東京都府中市)は11月7日、国際社会学部の学生が、同大学の学務情報システムに不正にアクセスしたと発表した。大学によると、事態が判明したのは10月29日。当該学生は、大学の学務情報システムに偽装したフィッシングサイトを作成のうえ、10月24日から26日までの間に、教務課を名乗って、主に国際社会学部を中心とする多数の学生に偽装サイトへ誘導するメールを送信。メールを受信した学生の一部が偽装サイトにアクセスしてユーザーIDとパスワードを入力し、当該学生はこれらを使って、学務情報システムに不正にアクセスしたとみられている。同大学では事態発覚後、直ちに不正アクセスの特定に努め、疑わしいネットワーク通信を遮断するとともに、学生にパスワードの変更を要請するなどして、被害の拡大防止に努めてきたという。当該学生が入手した情報を悪用した事実は確認されていない。同大学は、当該学生を含む学生の倫理観ならびに情報セキュリティ意識を高める教育に尽力していくとしている。
・本学学生による本学学務情報システムへの不正アクセスについて(東京外国語大学)
http://www.tufs.ac.jp/topics/post_406.html

一覧へ