情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

第四銀行、顧客のメルアド329件が別の顧客1453先に流出

第四銀行(本店:新潟市中央区)は10月31日、オープンフォーラム開催案内のメールに顧客329先のメールアドレスを誤表示して、別の顧客1453先に送信したと発表した。同行によると、メールを送ったのは10月30日。メール受信者からの問い合わせで事態が判明した。不具合修正前のメールソフトを使用し送信操作を誤ったことが原因だという。メール送信先の顧客には、謝罪と当該メールの削除を依頼するメールを送った。メールアドレスが誤表示された顧客には、個別に謝罪している。同行は、メール配信時の手順を見直すなどの対策を実施し、再発防止に努めるとしている。
・メールアドレスを誤表示したメール送信にかかるお詫び(第四銀行)
http://www.daishi-bank.co.jp/release/detail.php?id=2510

一覧へ