情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

愛媛医療センター、患者情報14名分を保存したUSBメモリー紛失

国立病院機構愛媛医療センター(愛媛県東温市)は10月28日、患者の個人情報を保存しUSBメモリーを紛失したと発表した。発表によると、同院病棟に勤務する看護職員が、医療用の弾性ストッキングを使用する患者への指導内容を記録した「弾性ストッキングコンダクター臨床指導内容書」を作成し、業務に使用するため個人所有のUSBメモリーにデータを保管していた。6月19日、同院の新築病棟への移転準備に伴い、業務用等の私物を一時的に自宅に持ち帰った際、当該USBメモリーがないことに気づいた。翌日以降、職場全体の捜索を行ったが発見できなかった。現時点では当該個人情報の漏えいや不正使用の事実は確認されていない。当該USBメモリーには、14名分の患者氏名、性別、年齢、弾性ストッキングの指導日、指導内容などが記録されていた。該当患者には主治医などから説明とお詫びをした。同院は報告を受けた後、ただちに情報管理委員会で経過分析や今後の対応策を検討した。今後は、患者の個人情報を個人で保存管理する際の届出や、USBメモリーを使用する際の安全対策の徹底、職員に対する個人情報の取扱いに関する研修、個人情報の管理状況の確認の定期的実施など、再発防止に向けた対策を講じていくとしている。
・個人情報が保存されたUSBメモリの紛失について[PDF](愛媛医療センター)
http://www.ehime-nh.go.jp/info/docs/document20131028.pdf

一覧へ