情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

産業医科大学、車上荒らしで患者情報134件含む外付けハードディスク盗難

産業医科大学(北九州市八幡西区)は10月25日、同大学若松病院の職員が車上荒らしの被害にあい、患者情報134件が含まれる外付けハードディスクを盗まれたと発表した。同大学によると、10月24日午後7時頃に小倉南区の駐車場で車を荒らされ、当該ハードディスクの入った鞄を盗まれた。ハードディスクには患者の氏名、市町村までの住所、患者ID、病名、血液データ結果、紹介元等に関する情報が134件含まれている。警察に届け出済み。患者情報が流出した事実は確認されていない。該当の患者には受け持ちの医師から説明を行う。同大学は、病院全職員に対し、再発防止に向け教育指導を強化するとしている。
・個人情報を含むハードディスク盗難に関するお詫びとご報告(産業医科大学)
http://www.uoeh-u.ac.jp/JP/University/aboutCollege/harddisclost.html

一覧へ