情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東京都練馬区、児童30名の情報含む転入学簿紛失

東京都練馬区は10月17日、区立大泉南小学校が2012年度分の転入学簿を紛失したと発表した。区によると、当該転入学簿には児童30名の氏名、性別、生年月日、住所、転入学年組や、保護者との関係、保護者の氏名と住所などが記載されている。2013年3月末頃、副校長が職員室内の保管庫にあるはずの当該転入学簿がないことに気付き、転入学を担当する教員2名に確認したが見つからず、8月末になって転入学を担当する教員2名が同簿の紛失を校長に報告した。校長は10月17日に区教育委員会へ紛失を報告した。また、同校では同簿を復元したが、その手続きや方法が不適切だったことも判明しているという。同校では、関係児童の保護者に謝罪したほか、全校保護者に説明と謝罪の文書を配布した。臨時保護者会も行う。区教育委員会は、関係者から詳しく話を聞き、厳正に対処するとしている。また、教職員の自覚と服務規律の徹底を図るよう学校を指導していくという。
・練馬区立小学校における個人情報の紛失等について(東京都練馬区)
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/gakko/oshirase/2510hunshitu.html

一覧へ