情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

大正大学、学生200名の成績等含むUSBメモリー紛失

大正大学(東京都豊島区)は10月18日、学生の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表した。同大学によると、9月24日に教員が授業でUSBメモリーを使用し、メモリーを当該教室に設置されたパソコンから抜き忘れたまま退出。翌日、抜き忘れに気付いて当該教室内やその他の場所を探したが、メモリーは見つからなかった。メモリーには、学生約200名の学籍番号、氏名、春学期の試験の点数が入っている。パスワードはかかっていない。情報が第三者により取得され不正使用された被害は確認されていない。該当の学生には、教員および所属学科長から授業時に経緯の説明と謝罪を行った。同大学は、早急に再発防止の徹底をはかるとしている。
・個人情報の紛失について【お詫び】(大正大学)
http://www.tais.ac.jp/other/news/latest_news/blog/2013/10/18-120942.html

一覧へ