情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

ココカラファイン、物流委託先が顧客情報337件含む書類遺失

ドラッグストアや調剤薬局を運営するココカラファイン(本社:横浜市港北区)は10月12日、物流委託先のパルタック(本社:大阪市中央区)の遺失事故により、パワードラッグワンズセガミ薬局津田沼店(千葉県習志野市)を利用した顧客の個人情報を遺失したと発表した。同社によると、遺失事故があったのは12日早朝で、遺失した個人情報は、10月8日から11日までのクレジットカード売上票カード会社控え203件と、同期間に受け付けた「ココカラクラブカードお申込み・登録変更用紙」134件。カード売上票にはカード会社の名称、カード番号の下4桁、利用日時と金額、署名が含まれている。ココカラクラブカードの用紙には、氏名、住所、電話番号、性別、暗証番号、生年月日が含まれている。同クラブカードにはプリペイド機能があるが、不正利用ができる可能性は極めて低いという。同社は、物流の防犯体制を見直し、強化するとともに、個人情報の取り扱いおよび管理、保管等について厳正な取り扱いを指導、徹底していくとしている。
・遺失事故による個人情報流出に関するお詫びとお知らせ[PDF](ココカラファイン)
http://www.cocokarafine.co.jp/news/pdf/201301012_TD01.pdf

一覧へ