情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

神奈川県住宅供給公社、業務委託先が建設業者に24世帯分の個人情報漏えい

神奈川県住宅供給公社(横浜市中区)は10月12日、公社が所有する大和大塚戸共同住宅の2013年度防音工事において、管理業務委託先であるかながわ土地建物保全協会の職員より特定の建設業者へ、入札情報と入居者の個人情報が流出していたと発表した。発表によると、工事対象24世帯の氏名、電話番号等が流出した。対象の世帯には個別に謝罪と説明を行っている。同公社は、委託先に対して指導、監督を徹底し、再発防止に努めていくとしている。
・個人情報流出のお詫びについて[PDF](神奈川県住宅供給公社)
http://www.kanagawa-jk.or.jp/files/news/134_1.pdf

一覧へ