情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

高田耕造商店、メールをTOで送り顧客115名のメールアドレス流出

日用品を製造販売する高田耕造商店(本社:和歌山県海南市)は10月11日、メールをTOで送り、顧客115名のメールアドレスが流出したと発表した。同社によると、従業員が10月11日午後1時29分、会員登録をしている顧客115名に「にっぽんのたわしツアー」の案内メールを送る際、BCCで送るべきところ、誤ってTOにメールアドレスを入れ、他の従業員の確認を待たずに送信してしまった。対象者にはメールを送って謝罪し、当該メールの削除を依頼するとともに、書面と謝罪の品を送った。同社は今後、個人情報の取り扱いに注意を払い、社員に対する教育を強化徹底して再発防止に取り組むとしている。
・メールアドレス流出に関するお詫びとご報告(高田耕造商店)
http://takada1948.jp/user_data/owabi.php

一覧へ