情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

ラブオール、顧客情報含む書類やカード決済控えを旧店舗に放置、流出

コンセプトカフェ、ラブインフィニティ(東京都千代田区)を運営するラブオールは10月11日、豊島区南池袋で運営していたコンセプトカフェ、旧ラブオールの顧客情報が社外に流出したと発表した。発表によると、10月5日に池袋の旧店舗から荷物の搬出作業を行った際、従業員が建物共用部に一時的に置いた業務書類の搬出を失念。その後3日間、第三者が閲覧できる状態で放置されていた。書類の中には、同店のエスコートサービスを利用した顧客が個人情報を記入したエスコートサービス規約の控えや、同店クレジットカード決済の控えも含まれており、カード決済控えには顧客のサインとカード番号の末尾4桁が記載されている。当該書類は回収したという。同社は、13日にラブインフィニティにて説明会を開くとしている。
・個人情報流出に関するお詫びとご報告(ラブオール)
http://ameblo.jp/cafeloveall/entry-11634158169.html

一覧へ