情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

「CLUB NTT-West」会員サイトに不正アクセス、顧客情報閲覧された可能性

西日本電信電話(NTT西日本、本社:大阪市中央区)は10月10日、同社が運営するフレッツ光の会員制プログラム「CLUB NTT-West」の会員サイトが不正アクセスを受け、会員の情報131件が閲覧された可能性があると発表した。同社によると、10月10日午後0時18分以降、特定のIPアドレスから断続的に大量の不正アクセスがあり、遮断、調査を開始したところ、不正ログインを試みた痕跡等を確認した。131件のアカウントについて、氏名、生年月日、性別、電話番号、メールアドレス等の情報を閲覧された可能性がある。同社では、同サイトへのログインを暫定的に規制し、不正ログインされた可能性がある会員には、不正ログインがあったことと、サイト再開後に新たなID/パスワードで再登録してほしいことを個別に連絡する。また、他サイトで同じID/パスワードを利用している場合は変更するよう説明する。同社は、再発防止に全力で取り組むとしている。
・「CLUB NTT-West」会員サイトへの不正アクセスについて(西日本電信電話)
http://www.ntt-west.co.jp/news/1310/131010a.html

一覧へ