情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

損保ジャパン、運送委託先が顧客情報含む書類を紛失

損害保険ジャパン(本社:東京都新宿区)は10月4日、運送委託先である四国福山通運に引き渡した保険金支払いに関する書類が、輸送過程において所在不明となったと発表した。同社によると、9月11日に同社高松火災新種サービスセンター課(香川県高松市)が、当該書類を保管倉庫に輸送するため四国福山通運に引き渡したが、9月19日、所在不明となっていると四国福山通運から報告があった。紛失した書類は、2010年3月25日および26日に同課において保険金の支払い手続きが完了した、傷害保険や賠償責任保険などの保険事故に関する書類34件分。顧客84名の氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、金融機関口座情報、保険事故情報が記載されており、怪我の状況などセンシティブ情報も含まれている。該当の顧客には損保ジャパンから連絡し、謝罪と説明を行う。損保ジャパンは、運送委託先に対し管理強化と再発防止を要請するとともに、顧客情報の管理の徹底を図っていくとしている。
・お客さま情報紛失に関するお詫びとお知らせ[PDF](損害保険ジャパン)
http://www.sompo-japan.co.jp/~/media/SJcms/news/2013/20131004_1.pdf

一覧へ