情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

国土交通省、航空保安大の学生採用試験答案用紙8名分を紛失

国土交通省は10月3日、人事院の委託を受けて実施した航空保安大学校学生採用試験(第1次試験)のうち、宮崎市で行った航空電子科(以下、同科)の学科試験の答案用紙8名分を紛失したと発表した。発表によると、当該試験は9月29日、宮崎市会場(航空大学校)で、航空情報科と同時に、午前は基礎能力試験、午後は学科試験が実施された。試験担当者として6名が宮崎空港事務所から派遣され、同科の受験者は8名だった。試験は同日の午後3時頃終了し、同科の試験担当者は解答済み答案用紙8名分を回収。答案用紙が人数分あることを別の担当者の立ち会いのもとに確認した。その後、2つの科で午前・午後に行われた4種の答案用紙が4通の茶封筒に入れられて集められた。担当者は封筒から取り出して枚数を確認し、受験番号順に重ね、4種類一括でクリアファイルへ入れたという。茶封筒は不要なものとして廃棄された。担当者は午後4時頃に宮崎空港事務所に帰庁し、全答案用紙およびその他の送付物について梱包した。これを午後4時時40分頃に郵便局へ持ち込み、セキュリティサービス(送達過程記録が残るもの)を使って人事院試験課あて発送した。2日後の10月1日午後1時30分頃、人事院試験課から航空保安大学校教務課あてに、同科の学科試験の答案用紙8名分が未着である旨の連絡があった。同時間帯に宮崎空港事務所総務課へも人事院から連絡があり、同事務所は捜索を開始。同日夕刻まで捜索したが発見できず、紛失した可能性が高いことが判明した。翌2日午前中に航空保安大学校教務課長が現地で確認し、人事院試験課あてに答案用紙を紛失したことを電話で報告した。同省は当該受験者8名に個別に謝罪。人事院と調整し、8名に対し当該試験の再試験を実施するとしている。
・平成25年度航空保安大学校学生採用試験の答案用紙の紛失について[PDF](国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/common/001014341.pdf

一覧へ