情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

かんぽ生命保険、顧客情報3000名分含むノートや手帳紛失

かんぽ生命保険は9月26日、習志野郵便局(千葉県習志野市)において、顧客情報を含むノートや手帳の紛失が判明したと発表した。同社によると、紛失したのは2009年4月から2011年7月まで社員が営業活動に使用していたノート5冊と、2009年4月から2013年3月まで社員が訪問予定を記録していた手帳4冊。顧客の氏名、住所、生年月日、電話番号、保険料額、保険金額等の情報が3000名分含まれている。紛失物のうちノート1冊は社外で発見されたが、それ以外のノート4冊と手帳4冊については社内で廃棄した可能性がある。同社は、情報が外部に漏えいしている可能性は低いとみているが、社外への流出も完全には否定できないとしている。これまでに本件に関係するとみられる照会はなく、第三者からの不正な要求等が疑われるような事象は発生していない。同社は、顧客情報の管理を強化し、再発防止に努めていくとしている。
・お客さま情報の紛失について(かんぽ生命保険)
http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/press/2013/abt_prs_id000664.html

一覧へ