情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

京都大学、学生や教職員の個人情報含む名簿が第三者から閲覧可能に

京都大学大学院農学研究科(京都市左京区)は9月19日、教職員や学生の個人情報を含む名簿が、民間企業の提供するグループメールサービス上で、第三者からも閲覧できる状態になっていたと発表した。同研究科によると、名簿は2週間あまり閲覧可能となっていた。事態判明後、ただちに対策を講じたという。同研究科は、個人情報管理の周知徹底を図り、再発防止に努めていくとしている。
・個人情報流出に関するお詫び(京都大学大学院農学研究科)
http://www.kais.kyoto-u.ac.jp/japanese/topics/post_143.html

一覧へ