情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

中日新聞Webサイトに不正アクセス、個人情報を閲覧されたおそれ

中日新聞(名古屋本社:名古屋市中区)は9月18日、同社Webサイトの女性向けコーナー「オピ・リーナ」の応募コーナーに不正アクセスがあり、応募者の個人情報が不正に閲覧された可能性があると発表した。発表によると、不正アクセスが判明したのは8月26日。不正アクセスが行われたのは今年1月30日午前1時19分から5月28日午後6時17分までの間で、応募コーナーへの投稿データ5万5540件のうち、数千件分の氏名、住所、メールアドレス、電話番号などが閲覧された可能性がある。調査の結果、第三者によってサーバーの情報を閲覧するための不正なファイルが挿入されていたことがわかり、同社ではこのファイルを削除して、不正アクセスを遮断するための措置を講じた。また、応募コーナーを管理するサーバー内にあった個人情報を全て削除した。該当者には9月18日、投稿時に入力されたメールアドレス宛にメールを送って通知した。情報の不正利用などの被害は確認されていない。同社は、「オピ・リーナ」サイト全般のセキュリティを抜本的に見直すとしている。
・不正アクセスに関するお知らせとお詫び(中日新聞)
http://opi-rina.chunichi.co.jp/info_130918

一覧へ