情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

東洋ドライルーブ、個人情報含む業務用ノートパソコンを電車内で紛失

ドライルーブ(固体被膜潤滑剤)の製造・開発・輸出入などの東洋ドライルーブ(本社:東京都世田谷区 )は9月9日、社員が個人情報を含む業務用ノートパソコンを紛失したと発表した。発表によると、9月2日昼12時30分頃、社員が都内運行の電車内に業務用ノートパソコンを入れた鞄を置き忘れた。鉄道会社と警察へ遺失の届出をしたが、現時点では見つかっていない。当該パソコンには、同社員の担当業務遂行記録、メール交信記録(氏名、電話番号、メールアドレス)等が保存されており、メールアドレスには一部社外のものも含まれている。当該パソコンにはログインパスワードなどセキュリティ対策が施されている。また同社は紛失が判明した後、本社サーバーやメールドメインへのアクセス権を遮断している。現時点では、業務情報や個人情報の第三者への流出や不正利用などの二次被害が発生した事実は確認されていない。同社は該当する関係者には現状報告とお詫びをする。また今後、再発防止の教育を行うとともに、情報管理を徹底していくとしている。
・パソコン遺失事故による個人情報紛失のお詫びとお知らせ[PDF](東洋ドライルーブ)
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120130909021307.pdf

一覧へ