情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

大阪市西淀川区、個人情報を記載した書類の紛失1件、誤送付1件が発生

大阪市は9月4日と5日、西淀川区で発生した計2件の個人情報漏えいを発表した。4日発表の1件は、同区役所窓口サービス課(住民情報)で「戸籍謄本・住民票の写し等(職務上)請求書」を紛失したもの。8月30日、同課時間延長窓口終了後の午後7時過ぎ、交付した諸証明の手数料精算をする際に、請求書が1枚見当たらないことが判明。事務室内を調べたが発見できず、請求書を提出したA氏に電話して確認した。9月2日、A氏には請求書は返却されていないことがわかった。紛失書類には、B氏の亡父母の本籍地、筆頭者、請求に係る者の氏名と生年月日が記載されている。同課は委託している民間事業者の責任者とともにB氏宅を訪問し、事情説明とお詫びをした。
もう1件は同区福祉課(介護保険)で、「大阪市介護保険料口座振替依頼書」を誤送付したもの。9月2日に区民から提出された同依頼書を、指定されたB銀行へ送るべきところ、誤ってC銀行へ送付した。翌3日午後5時ごろ、C銀行から区役所に連絡があり、判明した。漏えいした個人情報は、住所、氏名、電話番号、介護保険被保険者番号、金融機関名、支店名、預金種目、口座番号。当該の区民には3日午後7時半ごろ電話で経過を説明しお詫びをした。
・西淀川区役所窓口サービス課(住民情報)における「戸籍謄本・住民票の写し等(職務上)請求書」の紛失について(西淀川区)
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/nishiyodogawa/0000234099.html
・西淀川区役所 福祉課(介護保険)における「大阪市介護保険料口座振替依頼書」の誤送付について
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/nishiyodogawa/0000234586.html

一覧へ