情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

静岡市、特別養護老人ホームで個人情報を含む書類紛失

静岡市は9月4日、特別養護老人ホーム「浜石の郷」で、市の委託事業に関する個人情報を含む書類の紛失があったと発表した。発表によると、紛失したのは、運動機能向上事業における参加者の「総合支援計画書」と「予防サービス事業に係るチェックシート」11名分。記載されていた情報は、参加者の住所、氏名、生年月日、性別、電話番号、身体状況、緊急連絡先。担当職員は8月16日(金)に当該書類を他の書類と一緒にクリアファイルに入れ、机に置いたまま帰宅した。19日(月)午前11時頃、担当職員はクリアファイルがないことに気づき、探したが見つからず、22日に市に電話で紛失を報告した。市職員が同ホームを訪問し、施設職員と共に28日まで書類を捜索したが見つからなかった。同ホームは該当者に経緯を説明し謝罪した。市は同ホームに対し、個人情報が記載された書類は受付簿に記載し、専用ケースに入れて鍵のかかる場所に保管するよう指示した。また、すべての委託業者に対し、事務を適正に処理する旨を通知した。
・個人情報を含む書類の紛失(健康づくり推進課)
http://www.city.shizuoka.jp/jiko20130904-1.html

一覧へ