情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

カゴヤ・ジャパン、顧客情報含むメールを別人に誤送信

レンタルサーバーサービス「KAGOYA Internet Routing」を運営するカゴヤ・ジャパン(本社:京都市中京区)は7月19日、顧客の氏名とアカウント名が記載されたメールを誤送信したと発表した。同社によると、7月18日、従業員の不注意によりメール1通を別人に誤送信した。同社では、受信者からの指摘で事態を把握。対象者に謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼した。情報の不正利用の事実は確認されていない。同社は、作業手順を見直し、全ての社員および関係するスタッフに対し、個人情報保護に関する教育を徹底するとしている。
・メール誤送信のお詫びとご報告(カゴヤ・ジャパン)
http://www.kagoya.jp/news/20130719.html

一覧へ