情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

ニフティで不正ログイン2万1184件、会員情報が閲覧されたおそれ

インターネット接続やインターネット関連サービスを提供するニフティ(本社:東京都新宿区)は7月17日、特定のIPアドレスからの不正なログインにより、「@nifty」会員向けの「お客様情報一覧」ページで会員情報が閲覧された可能性があると発表した。同社によると、不正なログインは7月14日から16日にかけて行われた。少なくとも2万1184件のIDが対象で、閲覧された可能性のある情報は、氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、秘密の質問と回答、契約状況、利用料金、メールアドレスなど。一部をマスキングしたクレジットカード情報も含まれる。当該IPアドレスからのアクセスは遮断済み。該当の顧客にはメールで連絡し、パスワードを再設定するよう案内する。同社からのID/パスワード漏えいは確認されず、同社では、何らかの手段で入手したID/パスワードを使って不正ログインを行ったものとみている。同社は、監視体制を強化したとしている。
・不正なログインの発生について(ニフティ)
http://www.nifty.co.jp/cs/newsrelease/detail/130717004246/1.htm

一覧へ