情報セキュリティニュース

COLUMN

ホーム

IPA、研究員が個人情報含むUSBメモリー紛失

セキュリティ対策の啓発活動等を行う独立行政法人情報処理推進機構(IPA、東京都文京区)は8月1日、技術本部に所属する非常勤研究員が2009年11月頃に、同機構の業務関連資料および、当該研究員が関係する外部団体関係の資料等を含む私物USBメモリーを紛失していたと発表した。同機構によると、7月29日に外部の人から当該メモリーを入手したと連絡があり、事態が判明した。メモリーに保存されていた内容については調査中だが、約30名分の情報を含む業務関連勉強会候補者に関するメモや、約20名分の情報を含む外部団体の名簿、約20名分の情報を含む外部団体ワーキンググループの名簿が含まれていたことが分かっている。影響を受ける可能性のある関係者には、連絡と謝罪を行っているという。同機構では、法人文書等を許可なく持ち出すことや、私物USBメモリーの業務用パソコンへの接続を禁止している。同機構は、全職員の再教育など、今後の再発防止に全力を尽くすとしている。当該研究員の処分も実施する。
・当機構研究員による私物USBメモリの紛失について(情報処理推進機構)
http://www.ipa.go.jp/about/press/20130801.html

一覧へ